両極端な投手 【千葉ロッテ】

7月3日(金)  
千葉マリン 18:30開始

対戦成績・・・1勝6敗 


マリーンズ 2-6 バファローズ
                   
      
勝利投手  山 本  5勝2敗 
敗戦投手  小林宏  1勝6敗
セーブ

ホームラン  
(M) ◇堀 2号
(Bs) ◆フェルナンデス 7号



今日のコバヒロの立ち上がりが良かっただけに、まさか敗戦するとは思いませんでした。
4回にエラーが連続して失点はありましたが、ここまでズルズル行くとは…。

やはり気持ちが切れてしまったんでしょうかね。普通なら何の変哲もない内野ゴロ2つで終わったはずですが、
特に井口のエラーは精神的にくるのも解ります。

しかし今までロッテ投手の中心として投げてきた訳ですから、このくらいでがたつく投手とは思えません。
何か他に精神的に不安なことがあるんでしょうか?心配ですね。

もう1人心配な選手が。エラーの張本人井口です。
明らかにバッティングが悪くなり、下降線に入ってしまったみたいです。
打席に入った雰囲気もちょっと迫力が無く、読みも冴えていません。

トップクラスの選手なんで自分で調整は出来るでしょうが、このままなら4番としてチームを引っ張ってきましたが、
一旦4番を外してもいいと思います。
こちらもかなり心配です。

嬉しい出来事として、ルーキー上野が初登板しました。

大村にいきなりヒットを打たれましたが、その後のピンチを切り抜けて
打者9人に6奪三振と最高のデビューとなりました。

あの勝気な性格は今のロッテには必要ですね。
ルーキーなんて関係なくどんどん自分をアピールしてもらいたいです。
今後壁にぶち当たることもあるでしょうが、恐れず投げてほしいね。

堀のホームランもサブの猛打賞も嬉しいんですが、チームが負けてはね…。

関係ないが、山本の真剣な顔がどうしてもオードリー・若林に見えてしょうがない。(笑)


《サブローの成績》

三振 左安 中安 中安

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック